税理士法人完全監修

「損しない相続税申告」
2ステップ診断

財産の内容や額と入力すると
あなたに合った「損しない申告方法」を
診断できます。

イラスト イラスト

財産の内容や額によって
「損しない申告方法」は全く異なります

相続税申告を自分で行えば、税理士報酬
(平均相場50〜150万円)が節約可能です。
一方、相続財産の内容が複雑で、額が
大きい場合は、
お金をかけて税理士さんに
依頼をすることをおすすめします。

そんな、あなたに合った
「損しない申告方法」が診断できます。

イラスト イラスト

診断の流れ

つのステップで「どのような方法が最も損をしないか」を診断します。

診断の流れ 診断の流れ

2ステップ診断

財産の「額」と「内容」を入力して、
診断結果を見てみましょう!

STEP1 税額の簡易計算

そもそも相続税が発生せず、申告が不要な場合があります。
まずは、税額を計算しましょう。

配偶者
人数
父母
人数
兄弟姉妹
人数

相続財産 (総額:0万円)

下記のフォームに入力して下さい。

1. 現金・預貯金
万円
2. 有価証券 (株、債権、投資信託、等)
万円
3. 死亡保険金
万円
4. 不動産(土地・建物)
万円
5. その他財産
万円
6. 債務
万円

相続人を最低1人入力し、財産を入力して下さい。

監修税理士法人

このサービスは相続を専門で手掛ける「税理士法人better」が監修しております。様々なメディアにて「相続税申告のおすすめ税理士法人」に選出されております。

免責事項・注意点

  • 当シミュレーションは簡易的な試算のため、結果が実際の税額と異なることがあります。
  • 当シミュレーションを利用されたことで生じた不利益や損害などには、弊社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 当シミュレーションでは、以下の内容を前提として金額を算定しております。
  • 平成27年1月1日以降の税制をもとに計算。
  • すべての相続財産(みなし相続財産を含む)を法定相続人が取得し、かつ相続放棄がない場合。
  • 死亡保険金は保険契約者、保険料負担者及び被保険者が被相続人、死亡保険金受取人が相続人である場合の保険契約。
  • 子はすべて実子の場合(養子については考慮しておりません。)